1/3

加藤咲希 浅川太平 "Sweet & Lowdown" (CD Album)

¥2,000 税込

別途送料がかかります。送料 ¥500

2022年11/29発売開始、
ウディ・アレンの映画音楽だけで構成された、
加藤咲希と浅川太平の新作コンセプトDUOアルバム。
喧騒の2020年代に、狂乱の1920年代の世界へタイムスリップ!

『Sweet & Lowdown』

収録曲
1. Si Tu Vois Ma Mère
2. Sweet Georgia Brown
3. Poor Butterfly
4. Kiss Of Fire
5. He’s Funny That Way
6. Rhapsody In Blue
7. As Time Goes By

加藤咲希(Vo.)
浅川太平(Pf.)

録音、ミックス、マスタリング- 向啓介

(税込¥2,000)

【プロフィール】
加藤咲希/Saki Kato
https://sakikato.com/
歌手、作詞家、翻訳家、英語講師。新音楽制作工房所属。
横浜出身、早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。
音楽理論を菊地成孔に師事。留学先のストックホルムで北欧のジャズに触れ、スカンジナビアのジャズボーカルの影響を受ける。日本語、英語、ポルトガル語で歌い、横浜、都内を拠点として様々なジャズクラブに出演。Lisa EkdahlやBlossom Dearieを彷彿させる独特のスウィートヴォイスと、hip hop経由のフロウとグルーヴでアーバンブルーズを歌い、聴く者を魅了する。

浅川太平/Taihei Asakawa
https://taiheiasakawa.wixsite.com/piano
1977年札幌出身。父が札幌のライブハウス「銀巴里」(~2012)を経営し、母が歌手であったため、幼いころはシャンソンをよく聴く。3才よりクラシックピアノを始める。 1996年、洗足学園短期大学でジャズを専攻。 2004年、横浜JAZZ PROMENADE ジャズ・コンペティション、ベストプレイヤー賞受賞。2007年に1stアルバム『Taihei Asakawa』(Roving Spirits)、2011年に2ndアルバム『Catastrophe in Jazz』(Roving Spirits)、2013年に3rdアルバム『Touch of Winter』(D-musica)、2018年に4thアルバム『Waltz for Debby』(Cortez Sound)、2020年に日本とヨーロッパを中心に国際的な活動を続けているドラマー池長一美とデュオユニットNordNoteにてデュオアルバム『NordNote』(Time Machine Records TMCD-1020)をリリース。クラシックピアノで培った音色と、左手のアプローチを極限まで追求したそのサウンドはオリジナル曲の美しさと相まって、確固たる個性と美意識を形成し、各方面から高い評価を得ている。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品